住宅購入時が人生で最も貧乏だった時期

人生で一番お金に困っていた時期は、住宅を購入した前後です。それまでは、親戚から月に2万円で家を借りていました。

そこから、突然毎月10万円のローンが始まり、ボーナス払い、固定資産税と住宅費が激増したのです。

ローンが始まる前から、ローンを支払っている状態に慣れておかないと、と思い節約に励みましたが、10万円分を浮かすことはまず無理で、相当ストレスが溜まりました。

そして、最も大変だったのが新居に入居してからです。毎月毎月赤字続き…。生活費を切り詰めて、自分のお小遣いをなくしても全く足りず、もうノイローゼ気味でした。

毎月の赤字分をボーナスから補填する生活が続きました。子供の服を買うことすらままならず、オークションで買ったりしていました。

新居を購入してからは、子供が小さいうちは繰上げ返済要の貯蓄をどんどんしよう、と計画していたのですが、最初の2年くらいは全くできませんでした。

生活費が足りない、というのは本当に大変なことだな…と実感した時期でした。

Comments are Disabled